「胸郭運動システムアプローチ講座4期生」(全5回)

 第1回目 2019年 7月21日(日)  

 講 師:柿崎 藤泰(文京学院大学)

 テーマ:胸郭運動システムの再建法

     - 胸郭運動システムの基礎 ① -

 7/21(日)に、「胸郭運動システムアプローチ講座 2019下半期」の第1回目を開催いたしました。

 この講習会は胸郭をテーマにもっと深く、もっと密に学びたいとご賛同いただいた先生方と一緒に、胸郭運動システムの再建について探求していく、全5回シリーズのセミナーです。胸郭運動システムの再建における基礎から臨床応用までで、【理学療法介入を胸郭から行うとができ、臨床結果を引き出せること】を目標としています。また、臨床に対しての熱い思いを持たれている受講生同士の横のつながりを作っていただくことも、もう一つの目標としています。

 4期生の初回ということで、、、、初回は何度やっても緊張の連続です。毎回同じことを言っているような気もしますが、これは本当です。数ある講習の中から、この講習を選んでいただいていますので、自然と力が入ってしまいます。受講生の皆様、これから約半年間よろしくお願い致します。

 また、この講習では講師の他に数名のサポート体制を強化し、胸郭運動システムの再建法を深く学ぶうえで、ご理解し難いところなどをその都度気軽に聞いていただける環境を整備致しております。

 やはり、「明日からの臨床で結果を引き出す技術を習得する」という高い目標のため、実技が多めの構成とし、評価の目線や手の置き方、より細かいポイントなどをお伝えしたい思いがあります。

 初回の内容は、導入といたしまして胸郭運動システムの概論を説明させていただきました。理論はそこそこに、まずは簡単なポジショニングを通して胸郭のコンディションを変化させることで四肢の筋出力が大幅に変化する現象を見て頂きました。

​ たった数秒で筋出力が低下したり増加したりする現象を目の当たりにして、驚きが大きかったようです。誰しも普段の臨床で効果的な介入ができていない例があると思います。そのような症例に対して今回行ったポジショニングを実施してみてください。そして、普段の反応との違いをお聞かせ下さい。

 次回以降はなぜそのような現象が起こるのか?どのように改善に導けば良いのか?といった理論と技術をより深くお伝えしていく予定です。

​ 会の最後は施設内で懇親会を行いました。初回ということで多くの受講生に参加頂きました。講習に参加して頂いた経緯や想い、意気込みなども聞くことができ、受講生の先生方の熱量を感じることができました。同じ意志の元に集まっていただいた「同志」として、この縁を大切に、受講生同士の横のつながりも深めていただければ幸いです。今後ともよろしくお願い致します。

 今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。胸郭運動システムアプローチ講座はありがたいことに、現在5期生(2020年2月~6月開催)まで満員となっております。6期生の募集も日程が確定次第、募集させていただきます。

 また、福岡、豊橋(地方都市開催)でも同コースを開催予定です。ご興味のある先生はどうぞご検討ください。お待ちしております。

開催場所:Breathing Care Tokyo(最寄駅:JR秋葉原駅 徒歩10分)
〒110-0016 東京都台東区台東1丁目23-12 パールヨットビル 2F 

お申し込み先・お問い合わせ先:
HP: https://www.breathingcaretokyo.com/
Mail: breathingcaretokyo@gmail.com

「胸郭運動システムアプローチ講座4期生」(全5回)

 第2回目 2019年 8月18日(日)  

 講 師:柿崎 藤泰(文京学院大学)

 テーマ:胸郭運動システムの再建法

     - 胸郭運動システムの基礎 ② -

 8/19(日)、東京は気温35℃を超える猛暑の中、「胸郭運動システムアプローチ講座 2019下半期」の第2回目を開催いたしました。

 今回は、第1回目の復習から始まりました。また、胸郭運動システムの考えを用いて臨床応用するとどのような結果が得られるのか、実際の利用者様の動画で介入前後を比較して解説しました。高校球児のピッチング障害に対して、胸郭への介入のみで技術指導を全くしていないにも関わらず、手の振りの変化や軸回旋がスムーズに生じるなどの変化を見ていただきました。

 その後は、上下の関係をもつ胸郭運動パターンについて学んでいきました。この部分の評価は呼吸に伴う胸骨のわずかな角度変化を感じとる技術が求められます。非常に難しい部分でもありますが、歩行においては後足部の評価につながるため、とても重要な点でもあります。評価の精度を上げるため、Padを用いたスクワット動作などの補助評価を行い、様々な観点からの評価を行いました。

 また、セミナーの中では、講師が臨床を行っているなかで新たに感じたことや疑問と感じていることなどを受講生に投げかける場面も見られました。常にアップデートされる内容を学べるのは、この5回コースならではです。

 その後はCore fitを用いて、対角線の関係をもつ胸郭運動パターンについて学んでいきました。Core fit着用により下部体幹の安定性が高まることを実感されていました。セミナー終了後も受講生はそれぞれ、着用した際の変化を様々な評価で行っている姿を拝見することができ、興味を持っていただけたようでした。Core fit着用による効果は胸郭運動システムの理論の介入指標になると考えています。それぞれ臨床に持ち帰っていただき、着用前後でどこが、何が変わるのか?試していただければ幸いです。

 会の最後は施設内に会場を設営して懇親会を行いました。2回目となると緊張感もようやく溶けてきて、笑いの絶えない会となりました。「胸郭運動システムを少しずつ理解できてきた」などの嬉しいお声もいただくことができました。次回もまた、よろしくお願い致します。

 今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

開催場所:Breathing Care Tokyo(最寄駅:JR秋葉原駅 徒歩10分)
〒110-0016 東京都台東区台東1丁目23-12 パールヨットビル 2F 

お申し込み先・お問い合わせ先:
HP: https://www.breathingcaretokyo.com/
Mail: breathingcaretokyo@gmail.com

「胸郭運動システムアプローチ講座4期生」(全5回)

 第3回目 2019年 9月29日(日)  

 講 師:柿崎 藤泰(文京学院大学)

 テーマ:胸郭運動システムの再建法

     - 胸郭運動システムの基礎 ③ -

 9/29(日)、「胸郭運動システムアプローチ講座 2019下半期」の第3回目を開催いたしました。

 第3回目の内容としては、胸郭運動システムの異常が与える下位胸郭や浮遊肋のアライメント変化や、それによって生じる下肢への影響について学んでいきました。実技では、胸郭へのポジショニングまでを重点的におこないました。

 胸郭形状の視診や触診、椎間関節と肋骨回旋運動の評価は目線や手の置く位置がわずかにズレるだけで、異なった評価に陥りやすいです。そこで形態的特徴から説明を加え、陥りやすい評価ミスについて理解を深めていきました。肋骨の誘導方向によって全く逆の評価結果に変わってしまいますが、正解と間違いを両方行うことで、正しい感覚を掴むことが出来たようでした。

 この部分は胸郭機能を正しく評価する上で非常に重要な部分なので、お伝えする側としても自然と力が入ってしまいます。良い誘導、悪い誘導をそれぞれ胸郭の模型で動きを確認したり、講師が受講生の先生方の手を取り、肋骨を押す方向や力の入れ方などを一人一人しっかり確認させていただきました。

 午後は再建に向けたポジショニングを行いました。CORE Fit Ballでポジショニングすることで変化する下腿の筋緊張を触診しながら下向性に起こる胸郭運動システム理論を学んでいきました。

 CORE Fit Ball の挿入位置は非常に繊細で mm 単位でずれるだけでも治療結果が大きく変わってしまいますので、一切気を抜くことができません。講師が1人1人のベッドを回りながら挿入位置を確認し、受講生それぞれが達成度の変化に気づくことができたようです。

 セミナー後は定例化している懇親会を当施設内でおこないました。毎回参加して頂く先生方同士は顔馴染みとなり、楽しい会となりました。実際に臨床で応用して頂いている感想もお聞きすることができ、次回以降の講習に反映させていきたい意見もいただくことが出来ました。

 今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。胸郭運動システムアプローチ講座は6期生の募集も開始しております。ご興味のある先生はどうぞご検討ください。お待ちしております。

開催場所:Breathing Care Tokyo(最寄駅:JR秋葉原駅 徒歩10分)
〒110-0016 東京都台東区台東1丁目23-12 パールヨットビル 2F 

お申し込み先・お問い合わせ先:
HP: https://www.breathingcaretokyo.com/
Mail: breathingcaretokyo@gmail.com

「胸郭運動システムアプローチ講座4期生」(全5回)

 第4回目 2019年 10月27日(日)  

 講 師:柿崎 藤泰(文京学院大学)

 テーマ:胸郭運動システムの再建法

     - 胸郭運動システムの再建 Ⅰ -

 10/27(日)、「胸郭運動システムアプローチ講座 2019下半期」の第4回目を開催いたしました。今まで3回をかけて学んできた胸郭運動システムの概念を利用し、機能再建に向けた胸郭へのアプローチを行っていきました。早速振り返っていきたいと思います。

 まず、第3回目の復習を行った後、浮遊肋と胸腰椎移行部の運動連鎖の関係性を触診しながら学んでいきました。浮遊肋のポジショニングは胸郭機能を再建する上では最も重要な部分となります。この部分のポジショニングが適切に出来ると、一気に体幹筋の安定化が図れ、上半身重心の前方化が実現できます。

 さらに、CORE Fit Ball挿入方法についても最近の臨床の中で発見した方法をお伝えすることが出来ました。講師側の臨床も日々ブラッシュアップしていますから、最新の知見をお届けできるのということはこの講座ならではだと感じています。

 胸郭の機能変化は勿論のこと、足部のコンディションが変わることも実感し、下向性に起こる胸郭運動システムを学んでいただけたかと思います。

 その後は上位頸椎および肩と上位胸郭の関係を中心に解説し、その関係を再建するための評価や介入を行いました。

 このコースでは講師の他に数名のサポート体制を強化し、1人1人のベッドを回りながらご理解し難いところなどをその都度気軽に聞いていただいたり、一緒に介入できる環境を整備致しております。

 介入前後で「背が伸びた!!」、「姿勢が良くなった!!」など、あちらこちらで声が上がっていました。皆様、効果的な治療介入に成功しており何よりです。

 セミナー後は定例化している懇親会を当施設内でおこないました。4期生の皆様は懇親会皆勤賞の先生方も多く、終了後の懇親の時間が足りないようで、次回は講習 ”前” 懇親会なる会が企画されるようでした。本当に横のつながりが強い期であると感じますし、この場所で、同じ時を過ごした仲間とのつながりを大事にして頂ければ幸いです。

 次回はいよいと最終回です。我々も悔いのないように、精一杯精進して次回を迎えたいと思います!!受講生の皆様、また来月お待ちしています!!

 今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。胸郭運動システムアプローチ講座は6期生の募集も開始しております。ご興味のある先生はどうぞご検討ください。お待ちしております。

開催場所:Breathing Care Tokyo(最寄駅:JR秋葉原駅 徒歩10分)
〒110-0016 東京都台東区台東1丁目23-12 パールヨットビル 2F 

お申し込み先・お問い合わせ先:
HP: https://www.breathingcaretokyo.com/
Mail: breathingcaretokyo@gmail.com

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

​https://www.breathingcaretokyo.com